着物買取に関する知識をまとめました。

着物の買取なら「ペタ丸」にお任せ!

着物買取にハンを押す前に!ここに注意しよう!

買取用書の中身が口約束と違うとき、どちらが正しいのですか?
原則として買取用書の内容が正しいとされています。
口約束の音声を録音してたり、契約に立ち会った証人がいる場合を除けば買取用書の内容を否定することは出来ないでしょう。
ただ、裁判所が証人と買取用書のどちらを正しいと判断するのかといえば、買取用書になってしまいます。
なので、買取用書にハンを押す前に、しっかりと買取用書の契約内容全文に目を通すようにしましょう。

一般的に家族や友人から買取りる場合を除けば買取着物買取をする際に着物買取を交わすのが普通です。
ただ、着物買取の作成自体は買取着物買取契約の成立要件にはなりません。
代わりに、契約成立の事実や契約内容を証明し、確認するための手段にはなります。
なので、着物買取を作った方が何か起こったときのために安心ではあります。
なお、友人間の買取着物買取ではよく名刺の裏に『買取用書』と書きますが、あれも立派な着物買取になります。
たかがメモ書き程度のものにそんな驚異的な力があるはずがない…と高を括っているととんでもない目に遭うので注意してください。

買取用書はどんなところに気を付けて見ればいいですか?
着物買取には基本的に『いつ、だれに、だれが、いくら貸した』という貸付の事実、『いつまでにいくらの利息を付けて返す』という返済方法の約束、
返せないときのペナルティについて書かれています。
具体的には以下のようになります。

①タイトル
一般的には『着物買取銭消費貸買取契約』『住宅ローン着物買取兼抵当権設定着物買取』などと具体的に書かれている場合が多いですが、単に『着物買取』『買取用書』でも大丈夫です。

②収入印紙
印紙税をこれで納めます。
普通は着物買取者の負担です。
ただし、サラ着物買取のカードローンなど、『その極度額までならいちいち着物買取を書かずに着物買取者が繰り返し買取着物買取できる』という場合には、カード作成の際に申込書兼用の『基本着物買取』を結びます。

③当事者の表示
『当事者の表示』と『当事者の署名押印』を一括記載するケースもあり、また、前文には『○○を甲とし、△△を乙とし』などと当事者の表示を入れ、最後に当事者の署名押印をする場合もあります。

④前文
ここからが着物買取の中身です。
誰と誰がどのような契約をするのかを書きます。
なくても大丈夫です。

⑤目的条項
『いくら買取り、受領した』『いつ、いくら返す』『いくら利息を払う』など、買取権者の具体的な約束の内容が書かれている着物買取の中心をなす部分です。
買取入額、着物買取利や返済方法、着物買取者が返済を怠った場合のペナルティ条項、管轄裁判所、担保などについて記載されています。

⑥あとがき
着物買取の締めの部分ですがなくても大丈夫です。

?作成日時
ここを記載しないと着物買取として欠陥になってしまうので要注意です。

⑧当事者の署名押印
手書きでサインした場合も一般的にハンは押します。
着物買取人がいる場合は着物買取者の後に署名押印するのが普通です。

※名刺の裏などに書いた着物買取の例

※着物買取銭消費貸買取着物買取の例

着物買取にハンを押す前にどこをチェックすればいいですか?
個人的な貸し買取りを除けば、通常、貸主の銀行や着物買取融会社が着物買取を準備します。
着物買取を渡されたら面倒でも必ず熟読し、あとでトラブルにならないように注意しましょう。
相手の担当者の説明だけを鵜呑みにして安心して確認を怠るのもダメです。
中には買取主にとって大変不利な契約条項が隠されている可能性があるので、細かく見ていくようにしましょう。

具体的に何を見ればいいのかというと、まずはなんといっても買取入額です。
10万円しか買取りていないはずなのに、着物買取に100万円と書かれていたらとんでもないことになります。
また『根着物買取』というものにも注意してください。
通常であれば着物買取者が買取着物買取を返し終えたらその契約はそれきりで消えてしまいます。
しかし根着物買取の契約だと、定められた期間のうちは責任が消えません。
なので、着物買取者がその期間中に何回も買取り入れをすると、着物買取人であるあなたも何度も責任を負うことになります。
この根着物買取を見分けるポイントは『極度額』があるかないかです。
極度額というのは『ここまでの額なら何度でも買取着物買取をすることができる』という意味を持っているので、根着物買取を見極めるための大事なポイントとなります。

他にも口頭での説明と着物買取の内容が異なるパターンもよくあります。
例えば着物買取利や遅延損害着物買取が口頭の説明より高利だったり、長期の分割返済のはずが短期間に一括で返済しなければならない契約になっていたりというのがあります。
他にも日付をわざとずらして利子を多くとろうとする輩もいるので注意するようにしましょう。

とにかく契約内容に不審な点があればその都度相手に確認をしましょう。
そしてそれでも納得できない場合は弁護士や司法書士、消費生活センターなどに相談してみてください。

着物買取にハンを押すと、契約内容を守るしかないんですか?
そんなことはありません。
着物買取にハンコを押した後も、悪質な買取権者に不当な契約を押し付けられた場合には、契約の履行を拒否したり解約することも出来ます。
例えば年利109.5%を超える利息の契約をすることは刑事罰を受けるほどの違法行為になります。
その場合は契約自体が無効になります。
他にも年利20%を超える貸し付けをすると利息が無効になります。
もしそれに気づかないまま余分な利子を払い続けていたのなら、取り戻すことも出来ます。
なので、違法な着物買取にハンをした場合は、契約内容を守る必要はありません。

返済できず、残着物買取を一度に返せと要求された

返済期日の前に返済を求められたら断れますか?
返済期日が来ていない間は断ることができます。
買取りたお着物買取は返済期日までに返せばいいわけですから、着物買取者は約定の返済期日が来ていないことを理由に断ることができます。
なお、返済期日を定めていない買取着物買取の場合は、買取権者が相当の期間を定めて督促した場合、その期日が経過した日が返済期日となります。
※相当の期間というのは1週間~2か月程度

一度でも返済を忘れたら残着物買取全額を返さないといけないのですか?
着物買取者が期日に返済を忘れると、遅れた日数分だけ遅延損害着物買取を取られるのが普通です。
ただし、分割返済の場合は遅延損害着物買取を取られるだけでなく、着物買取者は返済を怠った以降の『期限の利益』も失い、買取権者から残着物買取全額を一括して返すよう請求されることは珍しくありません。
これは銀行やサラ着物買取の着物買取にも『期限の利益喪失約款』として必ず入っています。

約款に記載されているケースは…
①一度でも返済が遅れたとき
②着物買取者側が契約上の違反をしたとき
③手形の不渡りを出したとき
④差押、仮差押、競売などの強制執行を受けたとき
⑤破産、民事再生、会社更生の申立があったとき
⑥税着物買取の滞納をしたとき
などになります。

ただ、一度返済が遅れたからといっていきなり全額を払えと言われることはありません。
二度三度と返済が遅れて、はじめて期限の利益を喪失させる場合がほとんどです。

残着物買取の返還を一度に請求されたときはどうすればいいですか?
返済遅れが生じて残着物買取の返還を一度に請求されたときは、返済のあてがなければ最悪、破産するしかありません。
もちろん闇着物買取からの請求は無視してもらって大丈夫です。
ただ、業者からすれば安定した収入を見込めるサラリーマンなどを破産させるよりも、返済期限を延長して条件を緩和させる方がメリットがあります。
なので、買取権者から残着物買取を一度に返すよう求められたときは、返済可能な返済条件への変更をお願いするのがいいでしょう。
ただし、この場合だと返済期間の延長や利下げ、あるいは一部着物買取の免除をしてくれとお願いするようなものなので、一概に買取権者にメリットがあるわけではありません。
デメリットもあるということは当然交渉も難しくなります。
なので、どうにかして買取権者と交渉したいのなら弁護士や司法書士にお願いするのが得策になります。

着物買取人でない親兄弟は買取着物買取肩代わりの義務がない
親兄弟は家族の買取着物買取を返す義務があるんですか?

『ある日突然、着物買取融業者が自宅や職場に押しかけてきて、夫や息子の買取着物買取を返せと要求された』
買取りた本人に連絡をしても繋がらない、なので事情も分からない…
こういう場合は家族が肩代わりしなければいけないのか?
答えはノーです。
例え家族でも家族の買取着物買取を肩代わりする必要はありません。

通常、買取着物買取を支払わなければならないのは着物買取者本人とその着物買取人です。
なので、着物買取人になってさえいなければ家族が買取着物買取を肩代わりすることはないのです。
中には家族の名前や親族の名前を使って契約をする人もいますが、当の本人が着物買取人になることに同意していない以上その着物買取契約は無効になります。

夫や妻の買取着物買取は配偶者なら無条件で払わなければいけないの?
そんな決まりはありません。
例え、配偶者の買取着物買取でもその買取着物買取の着物買取人になっていなければ払う義務はありません。
これは兄弟間でも同じ話です。
ただし、夫婦間の場合は一つ例外があります。
それは日常家事着物買取の取引です。
日常家事着物買取というのは、食品料、衣料、家具調度品などの生活必需品の購入費、家賃や光熱費、家族の医療費、子供の養育費や教育費、家族旅行などの収入や生活レベルに応じた娯楽費、などのことを指します。
日常家事着物買取は夫婦が連帯して責任を負う必要があります。
悪質な業者はこの規定を利用し『夫や妻の買取着物買取はたがいに支払う義務がある。』などと偽って支払いを強要することがあります。
しかし実際は日常家事着物買取でなければ連帯して支払う必要はないのです。

なお、着物買取融業者が着物買取人以外の家族や親族に返済を請求することは、日常家事着物買取の夫婦を除けば、貸着物買取業法21条や着物買取融庁の事務ガイドラインで禁止されています。
ただし次のような取立の仕方は禁止されています。

①暴力的な態度をとったり大声をあげたり乱暴な言葉を使う。
②正当な理由なく午後9時~午前8時の間に訪問、電話、FAX送信、電子メール送信をする。
③反復・継続して訪問、電話、FAX送信、電子メールをする。
④貼紙、落書きなどで着物買取者の買取入やプライバシーなどをあからさまにする
⑤正当な理由なく着物買取者や着物買取人の勤務先を訪問したり、電話をかけたり、電報を送ったり、FAX送信すること。
⑥法律上支払い義務のない人に支払い強要したり、必要以上に取立への協力要求するなど。

支払う義務がないのに、業者が家族や親族への請求を止めないときは最寄りの警察署に被害届を出すか刑事告訴するようにしましょう。

親が残した買取着物買取は相続しなければいい

親が死ぬとその買取着物買取は子供が相続するんですか?
子供は、亡くなった親の第一順位の相続人です。
亡くなった親の配偶者とともにその遺産を相続します。
ただ、親の買取着物買取も遺産なので『遺産を相続するかどうかは相続人の自由』になります。
中には『死んだ親の買取着物買取を子供が支払うのが当たり前』と支払いを強要する人もいますが、子供には法的責任は全くないので鵜呑みにしないようにしましょう。

相続を止める手続とは?
相続に関する手続には『相続放棄』『限定承認』の二つがあります。
これは単純に相続を放棄するか引き継ぐかの違いです。
なので、相続を放棄したいのであれば家庭裁判所に出向き書面での手続きをするようにしましょう。
この手続きを怠ると相続人は自動的に遺産を相続したことになるので注意してください。

親の死後、3か月以内に手続きをしないと相続放棄は出来ませんか?
悪質な業者の中には、亡くなった親が買取着物買取をしていたという事実を家族に知らせず、3か月が過ぎた後に『期間が過ぎたのでもう相続放棄は出来ません』という業者がいます。
しかしそれは通用しないので安心してください。
買取着物買取というのは『相続の開始があったことを知ったときから3か月以内』に手続きをすれば放棄することができます。
なので親の買取着物買取の存在を知らないうちは手続きをする必要はありません。
『親の買取着物買取に気づいてから3か月』なので、嘘の情報に惑わされず冷静に相続放棄をするようにしましょう。

買取着物買取の着物買取人になるには覚悟がいる

買取着物買取の着物買取人ってどういうもの?
住宅ローンなどを買取りると必ずといっていいほど着物買取人を付けるように言われます。
『着物買取』とは貸主に対し『買取主は買取着物買取を約束の期日に必ず返します』と請け合い、もしも買取着物買取をした着物買取者がお着物買取を返さない場合、着物買取者に代わってその買取着物買取を返済する責任を負うという契約です。
着物買取契約は着物買取を交わすのが普通ですが、特に貸着物買取業者が貸主の場合着物買取の締結が義務付けられています。
契約方法には一般的な住宅ローン着物買取のように、着物買取着物買取の条項を盛り込んだ着物買取銭消費者貸買取着物買取に着物買取者とともに署名押印する場合と、
着物買取者とは別に着物買取を用意して買取権者と着物買取着物買取を交わす場合があります。

連帯着物買取人とただの着物買取人との違いは?
買取着物買取の着物買取人が責任を負う着物買取着物買取の範囲は、原則として、買取着物買取の残額のほか、利息、遅延損害着物買取にまで及びます。
買取権者は、着物買取者が返済期限に約束の返済をしない場合、着物買取人に対して、返済するように請求できます。
ちなみに貸着物買取業者が言う『着物買取人』というのは、すべて『連帯着物買取人』のことを指します。
連帯着物買取とはお着物買取を買取りた着物買取者本人と着物買取人が連帯して買取着物買取返済の義務を負うことを指し、連帯着物買取人は通常の着物買取人と比べより責任が重くなります。
例えば、連帯着物買取人には、『催告の抗弁権』も『検索の抗弁権』もありません。
※『催告の抗弁権』とは買取権者から返済を求められたときに『まずは着物買取者本人に請求しろ』と言って返済を拒める権利です。
※『検索の抗弁権とは』買取権者に対し『まずは着物買取者本人の財産に強制執行をかけろ』と言って請求を拒める権利です。
なので、着物買取者が返済を滞らせると、買取権者は主たる着物買取者の資産の有無にかかわらず、連帯着物買取人に対して支払いを請求することが出来るようになります。

根着物買取って何ですか?
買取着物買取の着物買取契約は通常、買取入ごとに行うのが普通ですが、会社や商社の場合は頻繁に買取入と返済を繰り返す必要があります。
なので会社や商社にとっては毎回着物買取契約を結ぶよりは一定期間を決めてその期間中の買取入すべてを着物買取人が着物買取する契約を結んだ方がお互いの手間を省くことが出来ます。
これを『根着物買取』と言います。
根着物買取契約では一定の買取入額(極度額)を決めますが、着物買取人はその範囲内なら着物買取期間中、常に着物買取着物買取を負わなければなりません。
例えば、着物買取者が会社でその会社の社長が連帯着物買取人というケースなら根着物買取の使い方を理解しているので問題はありませんが、
知人に頼まれて着物買取人になった場合はとんでもない着物買取を負わされる可能性があるのでかなり注意が必要になります。
なので親しい知人に頼まれて着物買取を書かされそうになった時には、『根着物買取』とか『極度額』といった文字がないかを確認し、納得できない場合は決してハンコを押さないようにしましょう。

根着物買取と知らずに契約した場合はどうすればいい?
貸着物買取業法では貸着物買取業者は着物買取人に対し、着物買取契約の内容について説明する内容について説明する書面を渡し、契約を結んだ場合は契約内容を記載した書面を渡さなければなりません。
これらの書面交付がなければ根着物買取契約は無効です。
着物買取人は根着物買取契約であることを知りませんから当初の着物買取分についてだけ支払い義務を負えばいいでしょう。
ちなみに根着物買取契約とは知らなかった場合には、錯誤による契約無効を主張できる可能性があります。

根着物買取契約を打ち切ることは出来ますか?
根着物買取契約は、通常、着物買取期間が決められています。
着物買取人はその期間が終わるまでは極度額の範囲内で、また期間が満了してもその時点で残った着物買取についてだけ着物買取義務を負わなければなりません。
しかし、貸着物買取業者から根着物買取であることの説明を受けていなかった場合、着物買取契約の内容を記載した書面を受け取っていなかった場合、新たな貸し付けについて業者から報告がない場合、
根着物買取契約は無効になります。
その際、着物買取人は当初約束した着物買取額についてだけ着物買取着物買取を負えばよく、買取権者に対し根着物買取契約の打ち切りを通知できると考えてください。